不整脈 治し方 原因 症状 治療

不整脈の治し方 サイトの概要と説明

スポンサーリンク

不整脈とはいったいどんな病気なのでしょうか?
不整脈は脈が速く打ったり、逆に遅く打ったり、または不規則に打ったり、このような症状のものを不整脈と言います。
脈が60秒のうちに50回以下だと『徐脈』、100回以上だと『頻脈』と言われています。
不整脈には種類があり、心臓病などに由来するものと、自然に起こる生理的なものに分かれます。
精神的に興奮したり、運動をして脈が早くなることがありますが、これは病気ではなく自然に起こっている生理的なものだと言えます。
また脈が不規則に打つものの中に『期外収縮』というものがありますが、これは30歳を越えたあたりから、誰でも起こるも可能性があります。年齢を重ねるほどその頻度は多くなっていきます。
脈拍数が40以下になると、『めまい』や『息切れ』の症状が現れやすくなってきます。
逆に脈拍数が100以上になると、『動悸』や『息切れ』を起こしたりします。
特に何もしていないのに脈拍数がいきなり120以上になったりすると、病的な頻脈の可能性があり、重症になると『失神』を起こす可能性もあります。
不整脈は心筋梗塞などで心臓が悪いから起こると思われている方が多いかと思いますが、実はそうではなく、脈を打つには無意識レベルで信号が送られているのですが、その信号が正しく伝わらなくて、誤作動を起こしている状態なのです。
原因は、加齢によるものや体質で不整脈がある方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

一日心電図を測ってみると、中年以上の人は大体一日に1〜2回不整脈が起こっていると言われています。
加齢によって年々その回数も増えていきます。
ストレスや睡眠不足、心労が不整脈を助長してしまいます。
不整脈は誰にでも起こる可能性がある病気なのです。
心臓は一日に約10万回収縮や拡張を繰り返します。
その中でたまに不規則に収縮をしてしまうことがあるのです。
検診などで不整脈が見つかっても、ほとんどの場合、問題のない場合がほとんどです。
しかし、中には重篤な病気が潜んでいる危険もあります。
例えば弁膜症になると、その信号が正しく伝わらず、不整脈になっている可能性もあるのです。
また他には、甲状腺に異常がある人、肺に病がある人、高血圧の方にも不整脈が起こりやすいです。
最近は医療が発達し、不整脈は治せるものになってきました。
徐脈の場合には『ペースメーカー』を体内にとりつけることによって、健康な人と変わりなく生活ができるようになります。
ペースメーカーは心臓の外から刺激を与えて、遅くなっている脈拍を正常な数にする装置です。
頻脈の場合には『カテーテルアブレーション』という方法が開発され、手術をしなくても治せるようになりました。
細いカテーテルを足の血管から入れて、その先端から高周波を流し、頻脈の原因となっている筋肉を焼くことによって、頻脈を抑えるのです。
現代では、不整脈は治せる病気になってきたのです。

スポンサーリンク
更新履歴