不整脈 原因 40代

40代の不整脈の原因は?

スポンサーリンク

今回は40代の不整脈の原因とは?というテーマで話していこうと思います。
40代と言えば、気力や体力が充実した20代30代に比べると多少劣る部分はあると思いますが、それでもまだまだ20代や30代にはない経験などを活かして、バリバリと仕事やプライベートに打ち込める時期でもあります。
しかしまだまだ元気だとしても、40代になってくると直面する辛さがあります。
その一つが更年期障害です。
更年期に入るとどうしても身体に不調をきたすことが多くなってきます。
ですので、年齢が一つの40代の不整脈の原因になることがあります。
特に40代の女性の方は閉経前の期間になるので、女性ホルモンが低下して、イライラしたりしてしまいます。
それに加え、40代の女性は子育てや仕事、両親の介護等もある人も多いため、ストレスが多いのが現状です。
男性にも少ないですが女性ホルモンがあります。
なので、男性でも更年期障害を訴える人もいるのです。
更年期障害は女性ホルモンやエストロゲンの減少が関わっているようです。
ホルモンバランスが崩れると発症する病気なので、ホルモンバランスが崩れると発症する病気を把握しておくことは大切なのです。
その病気の中に40代の不整脈の原因が潜んでいる可能性もあります。

スポンサーリンク

では、なぜ、更年期障害では不整脈の症状が現れるのでしょうか?
不整脈は心臓の病気と思われる方が多いかと思いますが、それは違います。
心電図を撮影した時に、脈拍が速かったり、遅かったり、脈がとんだり、不規則な脈の打ち方をしているのが不整脈です。
それは心臓自体が病気なのではなく、更年期が40代の不整脈の原因となっている場合があるのです。
更年期障害はホルモンバランスが崩れることによって発症する病気ですが、ホルモンバランスが悪くなると発症する症状の代表として、不整脈があるのです。
心臓は自らが意識して動かせる随意筋とは違い、自らが意識して動かせない不随意筋に支配されているのです。
それは自律神経からの信号で動いている筋肉だとも言えます。
更年期になると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経の方が優位になると、心拍数の増加が起こります。
逆に副交感神経が優位になると心拍数は下がります。
自律神経を整えることによって、40代の不整脈の原因をなくしていくことにつながります。
どうしても40代の不整脈は歳をとるにつれて一日のうちの不整脈の数は増えますが、危険な不整脈は通常あまりありません。
しかし、40代になると身体の不調は徐々に増えてくると思いますので、一度は詳しい検査をすることをお勧めします。
以上が40代の不整脈の原因になります。
参考になったでしょうか?
他にも参考になりそうな記事をアップしていきますので、ぜひご覧になっていってください。

スポンサーリンク