不整脈 原因 20代

不整脈、20代の原因は?

スポンサーリンク

今回は不整脈、20代の原因は?というテーマで話していこうと思います。
一体、不整脈、20代の原因はなんなのでしょうか?みていきましょう。
まず不整脈とは、人間の心臓は上腕筋や大胸筋のように自分の意思で動かすことができない不随意筋と呼ばれるものでできています。
通常は、意識しないであるペースで動くように出来ているのですが、このペースが何らかの理由により乱れたり、遅くなったり、逆に早くなったりすると不整脈と呼ばれる状態になります。
心臓は微かな電気が流れていて、その刺激で心臓が動き血液を流しています。
通常脈は、何もしていない時はゆっくりと、何か運動なんかをしている時は早くなります。
これは自然なことで生理現象なので、特に心配することはありません。
何もしていないのに、脈が乱れたり、早くなったり、遅くなったりした場合は不整脈の可能性があります。
60秒のうちに脈が50回以下だと『徐脈』、100以上だと『頻脈』とされています。
徐脈の場合は、少し運動なんかをすると息苦しさを覚えたり、身体に倦怠感が現れたりします。
更に悪化すると心不全になる可能性もあります。
頻脈の場合は、息切れや動悸がして、重い症状だと失神をする可能性もあります。
脈拍は心臓の動きによって変わるので、不整脈は心臓が悪いと考えると思いますが、心臓だけが原因とも限りません。
年齢だったり、貧血を起こしていたり、飲んでいる薬が原因だったりします。
不整脈の原因は見極めが難しいので、病院に行き、原因を見つけてもらい、適切な治療を受けてください。

スポンサーリンク

不整脈には危険な不整脈と安全な不整脈があります。
健康な人でも20代以降になって歳を重ねるだけ不整脈を起こす頻度が多くなってきます。
健康な人でも一日に、2,3回はあるようです。
しかしこのような不整脈はすぐに治まってしまうものなので心配はいりません。
原因が一時的なストレスや緊張の場合はすぐに治まるし、これは自然な反応なので心配はいりません。
逆に心配が必要なのは、いつまでも動悸や息切れが続き、いきなり失神や意識を失ってしまった時です。
この状態になるとかなり危険な状態なので、すぐに病院に行きましょう。
特に脈が50以下、100回以上の場合は一度検査をしてもらった方が良いでしょう。
最近はホルター心電図というものがあり、手のひらサイズの心電図なので、生活を送りながら手軽に不整脈がないか調べることができます。
20代だからといって、健康だとは限りません。
現代社会はストレス等も多く、気づかない間にストレスを抱え込んでいる可能性も大いにありえます。
なので、一度検査をしておくと現状の把握も出来るし、何もなければ安心もできるので、何か起きる前に受けておくと良いでしょう。
以上、不整脈、20代の原因は?についてでした。

スポンサーリンク