不整脈 症状 チェック

身体を定期的にチェックして不整脈の症状が出ていないかチェックしよう

スポンサーリンク

今回は身体を定期的にチェックして不整脈の症状が出ていないかチェックしようというテーマで話していこうと思います。
あなたは普段から身体のチェックを行っているでしょうか?
身体を定期的にチェックして不整脈の症状が出ていないかチェックしようということですが、一体どのようにチェックをしていけばいいのでしょうか?みていきましょう。
まずは不整脈について説明していきます。
不整脈とは通常は心拍数が60〜70回なのですが、その回数が大幅にずれていたり、不規則に脈を打っていると不整脈といわれる状態になります。
心拍数が50以下だと『徐脈』、100回以上だと『頻脈』だといわれています。
心臓は人間の臓器の中で重要な部分で、全身に栄養を運ぶポンプの作用を担っています。
そしてちょっとした生活の乱れだったり、生活の変化に心臓は影響を受けやすいです。
睡眠不足、ストレスや過労、タバコやアルコールなどを生活を不規則に過ごしているとより心臓に負担がかかってしまい、不整脈の原因となります。
特に10代20代は遊び盛りで無茶な遊びやオールなんかをしがちですし、30代40代は働き盛りで心労がつきません。
なので心臓に負担がかかりやすく、不整脈になりやすいといえます。
特に睡眠不足は心臓に大きな負担をかけ、治療が必要になってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

不整脈の種類もいくつかあり、症状も異なります。
突然脈が飛んだりする『期外収縮』は、多くの場合自覚症状はありませんし、あまり心配する必要もありません。
脈が遅い『徐脈』では、心肺機能が低下しており、疲れやすかったり、息切れをしたりします。
脈が早い『頻脈』では、めまいや動悸といった症状が現れます。
そして、不整脈なのかをチェックする方法があります。
その方法は『深く大きく深呼吸をする』ということです。
深呼吸は心臓や肺、不整脈に関係している臓器を全て使うため、深呼吸が出来ない場合は不整脈の可能性があります。
心疾患や不整脈があったりすると上手に肺から心臓に酸素を送ることができません。
呼吸が上手くできなかったり、息苦しさがある場合は酸素が上手く循環できていない可能性があるので、その場合も不整脈を疑う必要があります。
以上、身体を定期的にチェックして不整脈の症状が出ていないかチェックしようでした。

スポンサーリンク