心室性不整脈 原因 症状

心室性不整脈の原因と症状

スポンサーリンク

今回は心室性不整脈の原因と症状というテーマで話していこうと思います。
まず、心臓は四つの部屋に分かれています。
心臓の上の二つの部屋を心房、下の部屋を心室と言います。
それぞれ左と右で分かれており、左心房、右心室といったりします。
心臓は心房の洞結節というところから電気信号が流れ、心室にまで達します。
そしてその信号が筋肉を動かすのです。
心臓は全身に血液を送るポンプのような機能をもっています。
心房と心室は一定のリズムで収縮と拡張を繰り返します。
左心室が収縮することで全身に血液を送ります。
なので心室性不整脈とは何らかの原因で心室の動きが早くなったり、遅くなったり、抜けたりする病気です。
心室は、特に左心室は全身に血液を送る器官であることから、重要な役割を担っている器官だといえます。

スポンサーリンク

脈は一定のリズムで打っているのですが、それがたまに抜けることがあります。
それを期外収縮といいます。
そうなると心臓が拡張しない状態になってしまいます。
そうすると、左心室は左心房からの血液を十分に溜めることができず、溜まっていないにも関わらず、次の収縮をしてしまうのです。
つまり全身に送り出す血液の量が減ってしまうのです。
一回や少しそのような状態が起こるなら、まだ問題はないのですが、何回も起きたりすると、血液が送れなくなり、とても危険な状態になります。
これを心室頻脈といます。
さらに重症化したものを心室細動といいます。
このような状態になると全身や脳にも血液が届かなくなるため、意識を失ったり、失神を起こしたり、最悪の場合死に至るケースもあります。
重症化していない場合は通常薬物治療を行います。
定期的に心電図を24時間とって、状態をチェックします。
心室性不整脈は程度によって症状や治療が違います。
心当たりがある方は、一度専門機関の受診をお勧めします。
以上、心室性不整脈の原因と症状についてでした。

スポンサーリンク