脈拍 回数 結滞

正常な脈拍の回数や結滞とは?

スポンサーリンク

今回は正常な脈拍の回数や結滞とは?というテーマで話していこうと思います。
正常な脈拍の回数や結滞とは一体どういったものなのでしょうか?みていきましょう。
心臓は筋肉で出来ていて、上腕筋などの自分の意思で動かせる随意筋とは違い、自分の意思では動かない不随意筋という種類の筋肉で構成されています。
心臓は洞結節というところから電気信号が出て、心房から心室へと伝わり、心臓の筋肉を動かし拡張と収縮をリズミカルに繰り返します。
全身に流れている血液にもその拡張と収縮の振動は伝わります。
手首などの血管でも、トクトクと振動を感じることができます。
このリズムは脈拍と呼ばれていて、血液が全身に流れているので、手首以外の他の血管の部分でも感じることができます。
この脈拍を確認すれば、心臓がしっかりと動いているかを判断することができます。

スポンサーリンク

通常、脈拍は60秒で60回から100回の間ですが、それ以下や以上ですと不整脈ということになります。
60回以下を『徐脈』、100回以上を『頻脈』といいます。
脈拍数が正常な場合でも、途中で脈が抜けてしまうことがあります。
心臓の病気だったり、衰弱しているために脈が不規則になってしまうのです。
これを結滞といいます。

心臓は心の動きと連動しているため、なにか驚いたり焦ったりしていると、一時的に結滞の状態になることがあります。
また強いストレスを感じると、徐脈や頻脈にもなったりします。
このような状態になってしまったら、原因となるストレスを取り除いたり、避けたりすることが必要になってきます。
食事、睡眠、運動を日常生活に埋め込み、上手にストレスをなくしていくことが重要です。
しかし、運動など身体を動かしていなかったり、心理的な負担がないにもかかわらず、いきなり不整脈になった場合は一度病院で検査を受けた方が良いでしょう。
以上、正常な脈拍の回数や結滞とは?についてでした。

スポンサーリンク