脈が飛ぶ 動悸 ストレス

ストレスが動悸や脈が飛ぶ原因?

スポンサーリンク

今回はストレスが動悸や脈が飛ぶ原因?というテーマで話していこうと思います。
心臓の脈が早くなる原因はいくつかあり、運動をしたり緊張をすると脈が早くなったりします。
それ以外でも脈が早まるケースがあります。
それはストレスです。
職場の上司がストレスとか、友達や恋人と喧嘩したなどのストレスはそこらじゅうにありふれています。
特に現代はSNSなどが発達してきて便利な側面もありますが、ストレスも多様化してきているのです。
ストレスで精神的な負担が多くなってきた時は、心臓への負担も増えます。
その結果、ストレスが過剰になり動悸や脈が飛んだりすることもあります。
脈が飛ぶとは、通常は脈拍は一定のリズムを刻むのですが、脈が一回飛ばしになってしまう現象です。
これらの場合不整脈の疑いがあります。

スポンサーリンク

不整脈とは脈拍は通常60秒に60〜70回打つのですが、それが50回以下だったり、100回以上の状態のことをいいます。
ストレスが原因の場合は心臓には異常がないケースも多いですので、そういう場合は心療内科に行った方がいいかもしれません。
しかし原因の診断は難しいので、最初は総合病院で診てもらうことをお勧めします。
治療方法が間違っていれば治るものも治らなくなってしまいます。
強いストレスや緊張状態の時に脈が飛んだり、動悸がした場合は心臓になんらかの異常が起きている可能性があります。
これらの症状が一時的なものであれば問題視をしなくてもいいかもしれませんが、長期的にこのような症状が出ている場合は、何らかの病気の可能性があります。
不整脈の可能性は大きいですが、程度によっては治療の必要のないものもあったりします。
ストレスが原因で症状が出ている場合は、手術や投薬での治療の効果が期待できないので、ある意味ストレスで症状が出ている場合は厄介といえるかもしれません。
以上、ストレスが動悸や脈が飛ぶ原因?についてでした。

スポンサーリンク