不整脈 原因 アルコール

アルコールが原因で起こる不整脈

スポンサーリンク

今回はアルコールが原因で起こる不整脈というテーマで話していこうと思います。
不整脈は遺伝的要素でなるケースもありますが、生活的要素でもなる場合もあります。
なので、日常生活を見直して過ごすことも重要です。
具体的には、睡眠の質を高めたり、栄養のある食事を決まった時間に三食しっかりとったり、あとは適度な運動を普段の生活の一部にしてしまうなど、具体的に行動に移してみましょう。
また、他の大きな病気も不整脈の原因になることもあります。
その場合は病院に通っていることだと思いますので、お医者さんとしっかりと話し合って、今後の治療方針を決めていってください。
そして、不整脈を患っている場合、アルコールの摂取をできるだけ控えることが大切です。
アルコールが体内に入ると、血管を拡張させ、血流が一気に増加します。
それが原因で脱力感が増したり、頻脈が多くなったり、他の病気も悪化したりしてしまいます。
アルコールが体内に入ると、2〜5時間は体内から抜けません。

これは体重や飲む量によっても変わっています。

スポンサーリンク

アルコールが好きで毎日飲んでいるような人がいますが、それ自体が悪いというわけではありません。
毎日でも少量であれば、逆に全く飲んでいない人より健康であるという研究結果があるくらいです。
アルコールは人によって全く飲めない人やとても強い人もいるため、これは個人差によるところが大きいですが、飲む場合は適量を意識して飲むようにしましょう。
また飲んだ後は、早くアルコールが抜けるように、水分をしっかりとるようにしましょう。
コーヒーやお茶はカフェインが入っているのもが多く、身体の中の老廃物が流れにくくなってしまうので、できれば水を摂取するようにしましょう。
また、飲んだ後は運動を控えましょう。

血管が拡張している状態ですので、不整脈の症状が強くなったり、貧血のようにふらついてしまうことがあります。
アルコールは適量にし、睡眠や食事、運動を意識して生活するようにしましょう。
以上、アルコールが原因で起こる不整脈についてでした。

スポンサーリンク