不整脈 心電図 種類

不整脈の心電図の種類

スポンサーリンク

今回は不整脈の心電図の種類というテーマで話していこうと思います。
不整脈は自覚症状があまりない類の病気で、いつ起きるか分からないため、心電図の検査をしても見つからないときもあります。
医師の心音チェックや心電図の波形がおかしかった時は精密検査を行います。
しっかりと検査をして、どこがどう悪いのか?原因はどこなのか?病気なのか?等をチェックすることが大切です。
そのためにも、一般人である私達も不整脈の心電図の種類について学んで、しっかりと知識をつけておくことで、適切な治療に結びつ区でしょう。
不整脈には程度があり、種類によっては持続性寝室脈動、高度房室ブロック、心室細動などの危険な不整脈の心電図の種類があり、心臓病が隠れている場合もあります。
不整脈の心電図の種類とは別に、他には甲状腺機能亢進症などやホルモンバランスの乱れも合併しているケースもあります。
不整脈が疑われるようなことがあれば、精密検査を受けることをお勧め致します。
それではどういった不整脈の心電図の種類の検査方法があるのでしょうか?
みていきましょう。

スポンサーリンク

トレッドミル検査とは、心電図からの電極を身体に付け、ベルトコンベアの上を歩いたり走ったりすることで、不整脈がないか調べます。
エルゴメーター法とは、同じく電極を身体に付け、自転車のペダルをこいで不整脈のあるなしを計測します。
ペダルの重さを変え、その抵抗の大きさに耐えられるのか?というところをみます。
マスター二段階法は、階段を一定時間上り下りを繰り返したあとに心電図を測る方法です。
運動負荷心電図は運動をした後は不整脈が起こりやすいことを利用した方法です。
12誘導心電図検査とは、健康診断で仰向けで行うあの検査です。
胸や手首足首に付けて、12種類の流れる電流を調べます。
弱点はその検査をしている時に不整脈が起こっていないとわからないことです。
心肥大、心筋梗塞の初期の検査として行われます。
最後に、24時間心電図・ホルター心電図です。
これは心電図を身体に取り付け行います。
トイレや食事、睡眠時の日常生活時に使えるため、非常に優れています。
この検査は二週間ほど時間をかけて解析をするので、非常に信頼性の高い検査方法となっています。
最近では主流のようです。
以上が不整脈の心電図の種類についてになります。
いかがだったでしょうか?

他にもためになる記事を書いていますので、よかったら他の記事も参考にしてみてください。
ご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク