不整脈 症状 チェック

不整脈の症状?チェックをしてみよう

スポンサーリンク

今回は不整脈の症状?チェックをしてみようというテーマで話していこうと思います。
その症状は不整脈の兆候なのでしょうか?チェックしていきましょう。
まず、不整脈とは脈拍が遅くなったり、早くなったり、または脈が飛んだりすることをいいます。
詳しくいうと、60秒の間に脈拍数が50回以下だと『徐脈』、100回以上だと『頻脈』といいます。
脈が飛ぶ現象で『期外収縮』というものがあります。
不整脈には緊急性がなく放っておいても大丈夫なものや、緊急性が高く放っておくと致命的な状態になってしまうものと色々とあります。
異常が発生する場所はいくつかあり、心房、心室、洞結節などがあり、徐脈性、頻脈性と現れる症状が分かれます。

不整脈の原因は様々ありますが、心臓病を除けば、加齢による場合が一番多いです。
年齢を重ねれば重ねるだけ、不整脈が発症する可能性は増加します。
次に多いのがストレスや心理的な面での原因です。
現代社会はストレスが多いので、不整脈になる人が増えてもおかしくありません。

スポンサーリンク

それでは、あなたは不整脈の可能性があるのかチェックをしてみましょう。
1、胸がぎゅっと締め付けられるような感覚がある。
2、胸が苦しい時がある。
3、脈が飛んだような気がしたことがある。
4、とつぜん動悸がしてドキドキしたことがある。
5、めまいがしたりふらついたりすることがある。
6、息切れを起こすことが多い。

上記の項目に、一つでも当てはまれば、不整脈の可能性があります。
当てはまる数が多ければ多いほどその可能性は高くなりますが、心配のない不整脈もありますし、すぐに処置をしないと危険なものもあります。
気になる場合は一度病院に行き、診察を受けてみましょう。
何もなければ安心できます。
以上、不整脈の症状?チェックをしてみようについてでした。

スポンサーリンク