不整脈 治療 食事 予防

不整脈の概要と主な治療方法、食事での予防

スポンサーリンク

今回は不整脈の概要と主な治療方法、食事での予防というテーマについて話していこうと思います。

「不整脈」とは、心臓のメカニズムに異常が生じることによって起こる病気です。
通常、一定のリズムで拍動している心臓と連動している脈が、遅くなったり速くなったり、リズムが飛んだり乱れたりするなどの症状がみられます。
不整脈を発症する原因としては、様々な事柄が考えられていますが、中でも自律神経の乱れとストレスが大きく影響していると言われています。
また、その多くが生活習慣にも関わりが深いこともあって、生活習慣病のひとつにも考えられているのです。
不整脈を患った場合、心臓に直流電流を与える徐細動、人工的に心臓のポンプ機能を整えるペースメーカー、原因となる心筋組織を焼灼するカテーテル、薬物療法などを用いた治療が広く行なわれています。
スポンサーリンク

治療法とまでは行かないものの、不整脈は普段の食事で予防することが出来ると言われています。
予防に効果的な食べ物としては、ビタミンAを含んだ緑黄色野菜や乳製品が挙げられます。
これらの食品は、発症の原因となる自律神経の乱れを改善する効果があるのです。
更に、カルシウムを多く含んだ牛乳や小魚は、発祥原因のひとつにも挙げられるストレス対策に効果的であり、そのほかにもあらゆる健康効果があるため、不足しないよう注意が必要です。
食べ物の中には、不整脈を誘発してしまうものもあります。
特に、カフェインや砂糖を含んでいるものは、摂取し過ぎると自律神経を乱し、発病リスクを高めてしまうと言われています。
そのため、ノンカフェインやローカフェイン、砂糖控えめの食事や食品の摂取が推奨されているのです。
以上、不整脈の概要と主な治療方法、食事での予防についてでした。

スポンサーリンク