不整脈 原因 50代

50代の不整脈の原因は?

スポンサーリンク

今回は50代の不整脈の原因とは?というテーマで話していきます。
不整脈の原因は薬の副作用や心臓疾患だけでなく、50代の不整脈の原因は特にお子さんが受験だったり、就職や結婚で家を離れる時期でもあります。
また、配偶者方が退職したり、親の介護などのライフイベントが重なる時期でもあります。
50代は何かと心労が多いので、不整脈となる原因が多いのです。
さらに女性の場合、甲状腺や卵巣の機能が低下してホルモンのバランスが崩れます。
そうすると体力的にも精神的にも優れないことが多くなってきて、不整脈を起こすことが多くなってきます。
50代は初老と言われる年齢にもなってくるので、老化現象で不調を訴えることが多くなってきてもおかしくはありません。
ストレスや緊張で脈拍が一時的に上昇する場合がありますが、少し時間が経って落ち着くと、治まってくることがほとんどです。
更年期障害の症状として、イラつき・不眠・発汗・ほてりなどがありますが、不整脈もそのうちの一つとして挙げられます。
また、注意が必要な症状として心房細動というものがあります。

スポンサーリンク

通常、心臓の拍動数は安静時に60秒で60〜100回です。
しかし心房細動になるとその拍動数が300回以上になってしまうこともあるのです。
心房細動は年齢が上がるにつれて発生する確率も上がります。
また女性より男性の方が起こる確率が高いといわれています。
日本では70万人以上の人がこの症状で悩んでいると推測されています。
心房細動は健康な人でも発症しますが、老化による体力の衰えや、暴飲暴食による高血圧、糖尿病、心筋梗塞や弁膜症、また精神的なストレスや睡眠不足のある場合に発症しやすくなるようです。
50代は40代30代に比べると、やはり体力的に衰えを感じるようになります。
なので、自身でできることをしていくことが必要になってきます。
食生活や運動を見直し、生活習慣を変えていく努力が必要でしょう。
歳を重ねると不整脈は多くなってきますが、命に関わることはそう多くありませんので、上手に付き合っていくことが大事です。
今までの人生経験を元に、健康を保つような生活を心がけることが最良の対処法になります。
以上、50代の不整脈の原因とは?についてでした。

スポンサーリンク