不整脈 病名一覧

不整脈と、関係する病名一覧

スポンサーリンク

今回は不整脈と、関係する病名一覧というテーマで話していこうと思います。
不整脈とは簡単にいうと脈が遅くなったり早くなったり、あるいは脈が不規則になる状態をさします。
60秒で50回以下を『徐脈』、100回以上を『頻脈』といいます。
徐脈は、心臓から電気信号を発生させることができなくなったり、途中で途切れることによりおこります。
『房室ブロック』や『洞不全症候群』などが徐脈が起こる代表的な病気になります。
頻脈は普通出ない電気信号が出たり、異常に速く出てしまって、空回りをしてしまった時などに発生します。
『心室細動』『心房細動』『WPW症候群』などが頻脈を引き起こす病気といわれてます。
期外収縮は通常信号が出るところとは別のところから信号が出てしまうために起こる不整脈です。
電気信号がフライングを起こしたようなものです。
出る場所によって『心房性期外収縮』『心室性期外収縮』といったりします。

スポンサーリンク

上記のような病気で発症する不整脈がありますが、その他の病気でも発症する場合があります。
どんな病気が原因で不整脈が発生するのでしょうか?みていきましょう。
たとえば、肺の病気で起こることがあります。
肺の手術の後でも不整脈が発症するケースがあります。
心肺機能が低下し、心臓に負担がかかるため起こりやすいようです。
ホルモン関係の疾患では、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症などがあります。
冠動脈疾患は、心筋梗塞や狭心症などの血管の病気ですが、血液が流れにくくなることによって、神経や心臓の筋肉に支障が出て不整脈を起こしやすくなります。
心臓弁膜症は、大動脈弁や僧帽弁などに異常があると心房や心室が肥大したりして、電気信号がみだれたりします。
他にも先天性の心疾患だったり、心筋症などの病気が影響して不整脈を発生させることがあります。
上記で挙げたように、不整脈といっても色々な病気が原因で発症することがあるのですね。
以上、不整脈と、関係する病名一覧についてでした。

スポンサーリンク