不整脈 心電図 異常なし

心電図の検査で不整脈なし異常なしでも安心できない?

スポンサーリンク

今回は心電図の検査で不整脈なし異常なしでも安心できない?というテーマで話をしていこうと思います。
心電図の検査で不整脈なし異常なしでも安心できないのでしょうか?詳しくみていきましょう。
通常の検査や心電図の検査では心臓の異常の全てを見つけるのは困難なのだそうです。
一般的な人間ドッグや健康診断の検査では、レントゲン撮影と心電図によるものです。
これらの検査は心不全や不整脈の状態を把握するのには効果を発揮するのですが、心臓の血管まで把握することは出来ないみたいです。
昨今の日本人の前触れもなしで心筋梗塞での死亡率は30%にも上ります。
心筋梗塞などの疾患は動脈硬化が原因です。
動脈硬化はどのようにしてなるのかというと、コレステロールが血管内に付着し、それが沈着し、プラークを形成、それが重なることによって動脈硬化は起こります。
そして動脈硬化によって硬くなった血管が破裂することによって心筋梗塞になるのです。
コレステロールの沈着や血管の狭窄などの動脈硬化による変化はレントゲンや心電図では把握することができません。
これらの状態を把握することができるのは『MRI』です。
MRIとは、電波と磁石を使って心臓やその他の臓器を細かく断層写真を撮り、立体的に3Dとして観られるものです。

スポンサーリンク

このMRIを使用すれば、比較的初期の段階から血管の詰まりなどを把握できるのです。
この検査はCTでもできるのですが、副作用が大きいので、患者さんの負担を考えると理想的なのは、やはりMRIなのです。
しかしMRIを普通に使える場所がほとんどないのが問題なのです。
MRIは緊急性のある人から検査を優先されるため、予約をしようと思ってもなかなか出来ないのが現状です。
それに医師の許可がなければ出来ませんし、予約ができたとしても数ヵ月待ちになることはざらです。
心臓のMRIは一時間ほど時間がかかりますし、心臓は動いている臓器なので、画像診察は難しいようです。
さらに、MRIは高額なので、検査の回転率を上げないと病院の経営に関わるという内情もあります。
なので心筋梗塞や狭心症が強く疑われるような場合でないとMRIを受けることさえ困難なのです。
アメリカの国立衛生研究所の統計では、心筋梗塞では50%の人が最初の発作で亡くなっています。
日本人は人種的な要因なのか、30%ですが、決して低い数字ではありません。
血管の50%が詰まっていても自覚症状がないようです。
そんな状況のなかで、レントゲンや心電図でも発見ができないとなると、難しい問題であります。
MRI検査の早急な普及が、多くの人の命を救ってくれることでしょう。
以上、心電図の検査で不整脈なし異常なしでも安心できない?についてでした。

スポンサーリンク