脈が弱い 原因 症状

脈が弱い原因と症状や病気について

スポンサーリンク

今回は脈が弱い原因と症状や病気についてというテーマで話していこうと思います。
まず脈が弱い原因とは一体どんなものがあるのでしょうか?みていきましょう。
脈が弱い原因として、全身の病気と抹消の血管の病気があります。
全身の病気としては、甲状腺の機能低下や脱水症状、様々な心臓病、ショック状態や低血圧があります。
また薬を過剰に摂取すると、似たような症状を訴えることもあります。
抹消血管の病気では、なんらかの原因によって血管が細くなって、腕や手に血液が供給されなくなるため、脈が弱くなることがありあます。
腕の血管の病気で頻度が高いものがあるのですが、それは閉塞性動脈硬化症というものです。
これは50歳以上の方に多く発症するのもです。
特に男性の方がなりやすい病気とも言われています。
他にもレイノー病、バージャー病、高安病、胸郭出口症候群などの病気が原因で脈が弱っている可能性があります。

スポンサーリンク

次は脈が弱い原因と考えられる病気について、詳しく話していきます。
レイノー病は若い女性の人に起こりやすく、交感神経の以上によって起こるとされています。
喫煙やストレス、低温が引き金となって、皮膚が青くなったり、指の痺れなんかが起こったりします。
バージャー病は喫煙をする30〜50代に多く、手や足の血管に炎症が起こって、血管が狭くなってしまう病気です。
高安病はアジアの若い女性に多く自己免疫疾患の一つです。
大血管と分岐する血管が炎症を起こす病気です。
胸郭出口症候群は異常や変形を起こしている肋骨が鎖骨の下の神経や血管を圧迫している病気です。
鎖骨下の血管が細くなったり、コブができたりして、血流の流れを阻止している病気です。
以上、脈が弱い原因と症状や病気についてでした。

スポンサーリンク