不整脈 原因 コーヒー

コーヒーが不整脈の原因?

スポンサーリンク

今回はコーヒーが不整脈の原因?というテーマについて話していこうと思います。

突然脈が速くなったり、あるいは遅くなったりということはありませんか。
それは不整脈と呼ばれるもので、速いものを頻脈、遅いものを除脈といいます。
また、脈が規則正しくなく、途中で飛んだり抜けたりすることもあり、これは期外収縮と呼ばれています。
脈が急に速くなったり遅くなったりで、不安に思うかもしれませんが、ほとんどの場合まず心配は要りません。
ただし一部の不整脈には、気を付けておいた方がいいものもあります。
たとえば失神を伴う場合や、脈が遅くなっていて、かつ体を動かすと息切れ、あるいはめまいを伴う場合です。
また、突然動悸が始まって脈が速くなる場合も要注意です。
これらの異常は、心臓の異常が原因となって起こっていることが多いからです。
スポンサーリンク

このような症状が現れた時は、循環器科を受診するようにしましょう。
そのまま放っておくと心臓や脳の疾患が進行して、症状が重くなってしまいます。
また心室細動といって、脈がばらばらになる状態も不整脈の一種です。
これを放っておくと血栓ができやすくなったり、心臓が弱って心不全を起こしやすくなったりします。
また、アルコールやコーヒーも不整脈の原因となることがあります。
このような嗜好品は、適量ではリラックス効果がありますが、飲みすぎるとマイナスの部分が大きくなります。
特にコーヒーに含まれるカフェインには依存性があり、飲み始めると何杯でも飲んでしまって、それが悪影響を与えることもあります。
特に動悸がする時などは、無理に飲むのは避けるようにしてください。
以上、コーヒーが不整脈の原因?についてでした。

スポンサーリンク