不整脈 手術 入院期間

不整脈の手術を受ける時の入院期間

スポンサーリンク

今回は不整脈の手術を受ける時の入院期間というテーマについて話していこうと思います。

不整脈は心臓が異常を起こした時に発生する病気であり、つまり脈拍が急激に速くなったり、遅くなったり、乱れたりするとこの病気を発症します。
たまに起きる不整脈については危険ではないですが、中には危険な不整脈もあるため注意が必要となります。
例えばどのような症状がでる場合、危険なのかというと、急に意識が無くなり失神したり、脈拍数が1分間に40回以下であって体を動かすと息切れしたり目眩を起こしたりする場合や突然動悸が始まり息苦しくなり血圧が低下してしまう症状がでた人はすぐに病院を受診して診療を受ける必要があります。
脈拍が急に速くなったりする事を「頻脈」と呼び、急激に遅くなる事を「徐脈」といい、脈拍が不規則になる事を「期外収縮」と呼びます。
スポンサーリンク

先ほど紹介した危険な不整脈の症状がでた場合については、病院を受診して診療を受ける事が大切となり、精密検査を受け原因を見つける事が改善の近道となります。
精密検査には胸部X線検査、心電図・ホルター心電図、CT検査、血液検査、心エコー等を使って原因を見つけだします。
殆どは心電図またホルター心電図で問題が検出される場合が多いです。
手術が必要となる場合は入院が必要となり、入院期間としては最短で3日、最長で1週間となっています。
短期間の入院期間で済むため、長期的入院はまずないです。
手術は主にどのような事を行うのかというと、カテーテルを用いての「カテーテルアブレーション」という手術を受ける事になります。
高周波メスを使って問題となっている所を焼き切り切除する内容となっています。
以上、不整脈の手術を受ける時の入院期間についてでした。

スポンサーリンク