不整脈 原因 たばこ

不整脈の原因はたばこも影響している

スポンサーリンク

今回は不整脈の原因はたばこも影響しているというテーマについて話していこうと思います。

不整脈はいつ起きるか分からないため、注意が必要となります。
不整脈でも危険ではないものもあれば、病院で精密検査が必要な場合もあります。
主な原因としては精神的ストレス、たばこ、生活習慣の乱れ、睡眠不足、アルコール、カフェイン等が関係しています。
危険な不整脈とはどんなものがあるのかというと、まず一つは急激に脈拍が速くなる「頻脈」があり、この症状がでると心臓が十分な血液を送る事ができなくなり、動悸が出てしまい目眩や失神を起こします。
そして次に脈拍が急激に遅くなる「徐脈」があり、これは脈拍が1分間に40回以下となってしまい、数秒間心臓が停止するという状態になる事もあります。
また、脈拍の打ち方が不規則になる「期外収縮」があり、胸が締めつけられるような症状をはじめ、胸に不快感を感じ、胸に刺すような痛みを起こします。
紹介した3つの症状が頻繁に続くようであれば病院で診療を受ける必要があります。
スポンサーリンク

不整脈を解消するためにどうしたら良いのかというと、心臓病また脳卒中等の病気を発症している場合もあるため、まずは病院に行って診療を受ける事が大切となります。
しっかりと精密検査を受けて、異常なしであれば、日常生活や仕事等でできるだけストレスを溜めないように工夫する事と”たばこ”の量を減らし、食生活の改善や睡眠時間をしっかりととる事が大切であります。
アルコールやカフェインの過剰摂取も危険であるため、摂取する量をしっかりと制限する事も重要です。
そして、生活習慣が乱れているような事をしているのであれば、規則正しい生活習慣に直す事も必要となります。
最後に、不整脈になる原因に”たばこ”も含まれているため喫煙者は注意する必要があります。
以上、不整脈の原因はたばこも影響しているについてでした。

スポンサーリンク