一日中脈が飛ぶ 原因 症状

一日中脈が飛ぶ不整脈や原因について

スポンサーリンク

今回は一日中脈が飛ぶ不整脈や原因についてというテーマで話していこうと思います。
あなたは一日中脈が飛ぶ不整脈に悩まされていませんか?その原因はなんだろうと思っていませんか?
そんなあなたのために一日中脈が飛ぶ不整脈や原因について話していきます。
まず、不整脈とは脈が不自然なタイミングで打つことを言います。
脈が早く打ったり遅く打ったり不規則に打ったり、この脈が飛ぶという症状は不規則に打つというものにあたります。
脈が飛ぶという症状は通常の脈よりも弱く感じられ、部分的に一時脈がないように感じることがあります。
この不整脈というのは心臓全体がおかしいのではなく、心臓の一部に異常をきたしているため起こるのです。
不整脈が起こる原因として一番多いのが期外収縮と呼ばれるものですが、上室性の期外収縮は健康な人にも起こったりします。
他には心室性の期外収縮もあります。
不整脈の原因は非常に多いですが、心臓以外の原因だと、ストレスが原因で一日中脈が飛ぶ不整脈が引き起こされることがあります。

スポンサーリンク

一日中脈が飛ぶ不整脈は、それほど問題ではないケースもありますが、何らかの病気になっている可能性も否定できないため、一度病院に行かれることをお勧めします。
不整脈を診断する上で、重宝する機械があります。
それは『ホルター型24時間心電図』というものがあります。
検査時間に不整脈が出ないことがあるため、24時間心電図で脈を調べるのです。
この機械は自覚症状がない不整脈でもしっかりととらえることができるので、とても優れています。
不整脈の診断にはいくつかの気をつけるべき項目がありますが、不整脈だからといって、すぐに薬を処方されるわけではありません。
特に高齢者の場合は、薬の副作用によって、逆に体調を悪くしてしまう可能性も十分考えられるので、治療の選択は慎重にしなくてはなりません。
以上、一日中脈が飛ぶ不整脈や原因についてでした。

スポンサーリンク