不整脈 治る

不整脈は完全に治る?

スポンサーリンク

今回は不整脈は完全に治る?というテーマで話していこうと思います。
不整脈は完全に治るのでしょうか?
まず結論から先に言いますが、不整脈が完全に治るということはありません。
不整脈は多い少ないはありますが誰にでも起きているものです。
なので完全になくすことは、生きている以上ありません。
加齢などによって、不整脈の割合は増えていきます。
しかし手術や治療によって危険な状態を脱したり、生活に支障が出ないぐらいのレベルまでにすることは可能です。
心拍は自律神経の働きで無意識レベルで活動しており、自動で調整されています。
不整脈はストレスなどによって交感神経が優位になり過ぎたり、副交感神経が優位になり過ぎても起こるのです。
交感神経が優位になると冠動脈の血管が収縮したり、副交感神経が優位になると循環の停滞を起こし、心臓にむくみなどを起こしたりします。

スポンサーリンク

そうなると心臓に栄養が届かなくなり、不整脈を起こしやすくなります。
また、タバコも吸わずに毎日運動をしているような人でも発症してしまうのが不整脈なのです。
不整脈にはどんな治療があるのでしょう?
まず薬ですが、薬は最初は効果があるようですが、だんだんと身体が慣れてしまい、効果が薄れてきてしまうことが多いようです。
徐脈の場合はペースメーカーを取り付けることによって健常者と同じように生活することができます。
自分が脈のキッカケを与える代わりに、その機械が変わりに脈を作るためのキッカケを与えてくれるのです。
この機械をとりつける手術は、肩の付近の皮膚の下に小さな機械と刺激を心臓まで伝えるための線を入れます。
局所麻酔程度なので、大掛かりな手術でもありません。
頻脈の場合はカエーテルアブレーションという方法があり、切開手術をしなくても行えます。
カテーテルを足の血管から管を入れ、心臓にまで持って行き、その先端から高周波をあて、頻脈の原因になっている異常のある筋肉を焼き切るのです。
以上、不整脈は完全に治る?についてでした。

スポンサーリンク