不整脈 寿命

不整脈と寿命との関係

スポンサーリンク

今回は不整脈と寿命との関係というテーマで話していこうと思います。
不整脈と寿命との関係はあるのでしょうか?みていきましょう。
心臓は筋肉だけで出来ている珍しい臓器で、血液を全身に送り出すポンプのような役割があります。
洞結節という部分から微弱な電気が流れて、心室から房室に伝わり、筋肉を刺激し、筋肉が収縮する仕組みになっています。
しかし、『期外収縮』という洞結節からの正しい指令が流れないことによって、脈拍のリズムが崩れ、脈が抜けたり、胸部痛があったりします。
また脈が遅くなると疲れやすくなったり、息切れを起こします。
脈が早くなるとめまいや動悸、息苦しさを感じ、ひどいと意識を失ったりします。
徐脈の場合は心臓に血液を送る回数が減ってしまうため、血液量が不足し、意識がなくなったりしますが、頻脈も症状は違いますが、心室細動のように、心臓が痙攣した状態になると血液が上手く送れないため、血液量が不足して、同じように意識を失ってしまうこともあります。

スポンサーリンク

寿命に関係する不整脈とは徐脈や頻脈のような極端に心臓の動きが遅くなったり、早くなったりする場合は寿命に関係してくるでしょう。
また、意識はなくならないにしても、冷や汗が出たり目の前が真っ暗になってふらつくことがあるかもしれません。
意識がなくなるとどうして危険かというと、その後転倒して、打ち所が悪いとそのまま意識が戻らないなんてこともあります。
もっと可能性があるのが致死性のある不整脈に変化して、心停止や心室細動を起こして突然死を招くのです。
突然死とは、症状が出てから一時間以内に亡くなった場合を指しますが、数分や短時間でなくなる原因のほとんどが不整脈にあるといわれています。
実際に心電図で計っている時に死亡したケースを観てみると、死因の二割は徐脈で心不全などが原因で、八割は頻脈で心室頻脈や心室細動が原因であったようです。
不整脈と寿命は密接に関係しており、不整脈の程度により異なりますが、不整脈はいつ命を落としてもおかしくない危険性があるといえます。
以上、不整脈と寿命との関係についてでした。

スポンサーリンク