不整脈 期外収縮 運動

不整脈と期外収縮と運動について

スポンサーリンク

不整脈と期外収縮と運動についてというテーマについて話していこうと思います。
不整脈と期外収縮が関係している死に、スポーツ突然死というものがあります。
定義としては運動をしたことで24時間以内に発症し、打撲や転落といった外傷性の怪我以外が原因となって死亡したものとなっています。
ある統計によるとスポーツ突然死の発生数は年間約130件ほどあるようです。
警察や病院等への報告がないものを合わせるとさらに多いと予想されています。
また年齢によって死亡する原因も様々なようです。
突然死は健康な人にも起きる可能性があります。
そのうち八割は心臓の疾患があるようです。
なかに期外収縮というものがあるのですが、これは突然脈が飛んだりします。

スポンサーリンク

健康な人でもなりますが、歳をとるにつれて発生頻度が高くなります。
しかし普通はそこまで危険ではありません。
しかし、運動をすることで、期外収縮の頻度が増えることで危険な不整脈になってしまうことがあります。
更に悪化して、心室細動などになってしまうと突然死の危険性は高まります。
それでは心臓に疾患がある方は運動をしてはいけないのでしょうか?
実はそんなことはありません。
心臓に関係する医療機関や学会などによれば、運動も治療には有効であるとされています。
治療をされていて安定している場合であれば、運動も良いみたいです。
しかし、お医者さんにみてもらっていなかったり、自覚症状がなかったりする場合は、運動は危険を伴います。
特殊なケースだと大動脈狭窄症や肥大型心筋症などの病気は運動がキッカケで突然死を招いてしまう危険性もあるので、やはり不調や違和感を感じるようであれば病院で診てもらった方が安全です。
なので早く治すためには、先ずは病院に行き診察をしてもらい、運動の許可をもらってしていくのが、最も安全に早く治す方法であると考えます。
以上、不整脈と期外収縮と運動についてでした。

スポンサーリンク