不整脈 咳が出る

不整脈でも咳が出る?

スポンサーリンク

今回は不整脈でも咳が出る?というテーマで話していこうと思います。
不整脈でも咳が出るのでしょうか?みていきましょう。
結論から話すと、不整脈でも咳は出ます。
不整脈の異常を身体が反応し、無意識で咳が出ます。
これは身体の反射機能であります。
咳は自分で意識的にすることも出来ますし、無意識レベルで出てしまうものと二パターンあります。
不整脈の咳は後者にあたります。
咳はいろんな病気の初期症状として現れることが多いですが、対処法はマスクをしたりあとは体を冷やさないようにしてあったかくすることです。
そして特に身体の痛みや熱がなければ大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

しかし、咳が長引くようでしたら、一度病院で診てもらいましょう。
不整脈は健常者でもみられるものなので、そこまで心配する必要はありません。
年齢を重ねるたびに不整脈の頻度は多くなっていくのです。
しかし一方、危険な不整脈もあります。
急性心不全と呼ばれる病気です。
頻脈や徐脈のために、心臓のポンプ機能が低下して、肺に上手く血液を運ぶことが出来なくなってしまい、起こる病気です。
そのため酸素を取り込むための肺胞がうっ血を起こし、血液が漏れて肺うっ血を起こします。
更に悪化すると全身に血液がわたらなくなり、手足が冷え、唇や皮膚が紫になったり呼吸困難になったりします。
この状態をチアノーゼといったりします。
この場合の咳は激しく、緊急の処置が必要です。
このような症状がある人には、応急処置として、上半身を起こします。
横向きのままで寝かせた状態ですと状態が悪化します。
まずは救急車を呼びましょう。
以上、不整脈でも咳が出る?についてでした。

スポンサーリンク