不整脈 二段脈 原因

不整脈の二段脈とその原因とはいったい…

スポンサーリンク

今回は不整脈の二段脈とその原因とはいったい…というテーマで話していこうと思います。
まず不整脈とは、脈が打つタイミングに異常をきたしている状態のことをいいます。
たとえば、脈が早かったり、遅かったり、不規則だったり。
60秒に60回以下だと徐脈、100回以上だと頻脈だとされています。
脈とは心臓から送られる血液が、血管を介して感じるものです。
脈が乱れているということは心臓や、心臓に電気信号を送っている部分に異常が起きている可能性があります。
不整脈になる原因として、老化や過労、ストレスや甲状腺の亢進や更年期障害も不整脈の原因として考えられています。
どうしても歳をとるにつれて不整脈の発生頻度が上がってしまうのは事実です。
他には睡眠不足や、肺に異常のある人、高血圧の人なんかも不整脈を起こしたりします。
また心臓病の二次的症状の可能性も否定できません。

スポンサーリンク

不整脈には放置しても問題ないものから、すぐに処置をしなくてはけないもの、生命に危険が及ぶものまで様々です。
心拍数が多くても少なくても不整脈なので、注意しなければいけないのですが、特に脈が多い方が、危険度は増します。
不整脈の一種として期外収縮というものがあるのですが、正常な場合脈拍と心電図が一定なのですが、期外収縮では本来脈を打たないところで打つので、脈が乱れるのです。
脈の打ち方もいくつかあり、突然波形が乱れたりするものや、二回連続で波形が乱れるもの(二段脈)、があります。
二段脈は頻度が多くなってしまえば危険度は増しますが、基本的にはそれほど危険なものではありません。
近年は治療の方も進歩してきており、治せる病気になりました。
ペースメーカーを使って徐脈を改善したり、不整脈を起こす原因の筋肉や神経を焼き切ることで、頻脈を抑えたりすることも出来るようです。
その他、薬等も充実してきていますので、不安なことがある時は、迷っていないで、病院で診てもらいましょう。
以上、不整脈の二段脈とその原因とはいったい…でした。

スポンサーリンク