不整脈 生活リズム 予防

不整脈は生活リズムを整えて予防しよう

スポンサーリンク

今回は不整脈は生活リズムを整えて予防しようというテーマで話していこうと思います。
不整脈は誰でもなるものですが、年齢を重ねるたびにその頻度は多くなっていきます。
そして、不整脈の原因は病院の検査では分かりづらかったりします。
この原因が分かりづらい不整脈は生活のリズムが関係していることがあります。
生活のリズムは、間接的に心臓の動きに影響されます。
生活のリズムとは、食事の時間、睡眠の時間、その他の時間に分けられます。
その他の時間はその人によって変わってきます。
学生だったら勉強の時間、仕事をしている人だったら仕事の時間、主婦の方だったら、炊事洗濯の時間、といった具合です。
これら全てをひっくるめてが生活のリズムとなります。

スポンサーリンク

この生活のリズムが毎日違う人はストレスが溜まりやすく、色々な病気になりやすくなります。
例えば、昼夜逆転のお仕事や夜勤がある方、受験勉強中の方などは体調をくずしやくなります。
その疲れやストレスが不整脈の原因になったりするのです。
心臓は無意識レベルで活動しており、交感神経副交感神経の自律神経が支配しています。
激しい運動をした時や緊張をしている時には心臓の鼓動が早く打ちます。
心理的な影響が心臓の動きの早さを変えるということは、精神的ストレスの影響も受けやすいことが考えられます。
適度なストレスは生活に張りを与え、よりよく生きる糧になりますが、そのストレスが強い場合や長期間続くとなると、そのストレスに耐え切れず、自律神経が乱れ自律神経失調症などの病気になってしまう可能性もあります。
そして心臓が痛くなったり、心臓の脈のリズムが乱れて不整脈が現れてくるのです。
ストレスを受け続けると、免疫力が落ちて、風邪等の病気にもかかりやすくなってしまいます。
なので、不整脈を予防するには、食事の時間、睡眠の時間、その他の時間の使い方を整えてリズムを良くすることが大切です。
以上、不整脈は生活リズムを整えて予防しようについてでした。

スポンサーリンク