不整脈 納豆 薬

不整脈と納豆と薬は実は重要な関係が?

スポンサーリンク

今回は不整脈と納豆と薬は実は重要な関係が?というテーマで話していこうと思います。
不整脈と納豆と薬は実は重要な関係があるのでしょうか?みていきましょう。
納豆は日本人の朝食には欠かせないものという認識の方は大勢いらっしゃると思いますが、納豆好きの方には少々ショックな話かも知れませんが、不整脈の方は納豆を食べない方がいい場合があるのです。
納豆は身体にいいと言われていますが、なぜいいのでしょう。
納豆には植物由来の良質なたんぱく質が含まれていていますし、ナットウキナーゼというものも含まれており、血液をサラサラにする効果があるのです。
なので心筋梗塞や脳梗塞などの血栓を溶かすような働きがあるのです。
他にもイソフラボンという成分も多き含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと似たような構造をしているので、エストロゲンと同じような働きをすることがわかっています。
免疫力が高まったり、乳がんのリスクを下げる効果があるようです。

スポンサーリンク

納豆にはビタミンKが多く含まれていて、そのビタミンKには血管や皮膚の傷を治すためのたんぱく質を作るのに必要なビタミンなのです。
ビタミンKが不足すると腕などに赤い点々が現れたりすることがあります。
このビタミンKが不足すると血液が固まりやすくなります。
なので、何かの原因で内出血したり、脳や内臓で出血した場合、生死にかかわるような状態になってしまうことがあるのです。
ワーファリンという薬があるのですが、納豆を食べるとその薬の効果が無くなってしまうため、薬を使用している際は、納豆の摂取が禁忌なのです。
しかし他にも薬があり、プラザキサという抗血栓薬はビタミンKいよって生成されたたんぱく質を直接ブロックするため、その薬を使用している場合は、納豆を食べても大丈夫なのです。
しかしこの薬にも弱点があり、『腎臓機能に問題がある方』『心臓弁膜症の方』『人工弁を使用している方』には適応外となっています。
やはりこれらの方にはワーファリンが必要なのです。
以上、不整脈と納豆と薬は実は重要な関係が?についてでした。

スポンサーリンク