脈圧 小さい 低血圧

脈圧が小さいのは低血圧症?それとも他の病気?

スポンサーリンク

今回は脈圧が小さいのは低血圧症?それとも他の病気?というテーマで話していこうと思います。
脈圧が小さいのは低血圧症?それとも他の病気なのでしょうか?みていきましょう。
低血圧は手足の抹消から血液を戻す力と心臓から血液を送り出す力が弱ると発症します。
血液の流れを作り出す機能が低下しているので、全身に流れている血液の量が減ったりします。
この症状で辛いのが朝起きることが容易ではなくなることです。
全身に血液が流れづらくなっているため、疲労感や不眠、肩こり、頭痛、耳鳴りを起こしたりします。
立った瞬間に目の前が真っ暗になるような症状を起立性低血圧といいます。
原因はふくらはぎなどの下半身の筋力不足によって血液を戻す力が弱っていたり、あとは自律神経の乱れによって、血圧をコントロールすることが難しくなっていると考えられます。

スポンサーリンク

他の原因で低血圧症を起こすことがあります。
血圧が急に下がったり、慢性的に低いものがあります。
例えば、肝硬変やうっ血性心不全、白血病、心筋梗塞などです。
脈圧が小さかったり、血圧が低いのは病気の二次的症状だったりするので、気になったら放置はしないで、早期発見早期治療のためにも早めに病院を受診してください。
低血圧は高血圧より軽視されることが多く、倦怠感や疲労感を訴えても仮病や怠けていると思われやすく、なかには厳しい言葉をいてくる人もいます。
病院に行っても原因がハッキリせずにそのまま放置してしまい、悪化するケースも珍しくありません。
ある人はこの症状をうつ病と勘違いする人がいて、それが問題になっていたりします。
日ごろからこまめに血圧を測っておくと、診断がしやすくなったりしますので、ぜひやってみてください。
以上、脈圧が小さいのは低血圧症?それとも他の病気?についてでした。

スポンサーリンク