脈が早い 息苦しい 原因

息苦しい時や脈が早いのは何が原因?

スポンサーリンク

今回は息苦しい時や脈が早いのは何が原因? というテーマで話していこうと思います。
人間は健康で落ち着いていれば、脈も落ち着いており、一定の数値を維持します。
人間の脈は60秒でだいたい70前後打ちます。
ただし、緊張している時や、運動や走った後は除きます。
問題なのは何も身体を動かしていないし、緊張もしていない時に脈が早くなったり、息が苦しくなった時です。
では息苦しい時や脈が早いのは何が原因なのでしょうか?みていきましょう。
その原因の多くはストレスか病気によって起こります。
身体に異常が出ている状態で、素人では判断が難しいので病院の診察を受けることをお勧めします。
ストレスが原因である場合は、人間関係や仕事、プライベートで上手くいっておらず、それが原因で欝気味になっていたり、暴飲暴食になっていて、身体に無理がかかっている可能性が考えられます。
病気の場合ですと、甲状腺の異常で起こるバセドウ病や血圧が上昇してしまう高血圧が考えられます。
いずれも場合も原因がありますので、その原因を取り除いてあげることが大切です。

スポンサーリンク

ストレスが原因の場合は、ストレスの原因を取り除いてあげることが大切です。
まずは睡眠をしっかりとって、軽い運動を生活に取り入れてみましょう。
基本的な規則正しい生活を送れなければ、良い人間関係も築けなくなってしまいます。
しかし、生活を変えたからといって、すぐに結果が現れるのもでもありません。
なので長い目でみる必要があります。
欝気味の人は、今は心療内科も昔よりは通いやすくなっていますので、自分にあった病院を見つけるのが大切になってきます。
病気が原因の場合は、手術や服薬によって治していきます。
高血圧の場合は服薬が選択の一つとしてあります。
これは長い間しっかりと飲み続けなければ効果があまり期待できません。
バセドウ病の場合は程度によって異なりますが、服薬とあとは外科手術という選択肢もあります。
専門の医師としっかりと話し合い、自分にあった治療方法をみつけていってください。
以上、息苦しい時や脈が早いのは何が原因?についてでした。

スポンサーリンク